FC2ブログ



枚方 京都
大阪滋賀

枚方のパン屋まとめ


スポンサーリンク

枚方光善寺駅ちかく【さだ神社】へ行ってみた!菅原道真ゆかりの神社

ちぃパパ&ちぃママ

枚方市南中振という小高い山に【さだ神社】という菅原道真ゆかりの神社があります。

漢字で書くと蹉柁(←木偏を足偏に変えてください)という難しい漢字を使う神社です。
場所はこちら⇒枚方市南中振1-7-18
(※Googleマップが開きます)


平安時代、左大臣藤原時平の謀略により太宰府(北九州)に左遷となった道真。


京都から太宰府へと向かう途中、とある山で都の方角を向き名残惜しだそうに眺めており
その場所が『菅相塚』という所だったとうのが
この辺り⇒寝屋川市菅相塚町
(※Googleマップが開きます)

その後、道真の後を追ってやって来た娘の【苅屋姫】は、あと少しのところで、道真と出会うことが出来ず
足摺り(=蹉だ)をして嘆き悲しんだとあります。

その場所が【蹉だ山】といわれるようになったそうです。


数日後、その話を聞いた道真は切ない気持ちになりながらも、娘のために自分に似させた木の人形を彫りました。

951年、蹉だ山に神社を造り娘に送った人形をまつり
近隣の神様としてあがめられるようになったのが、さだ神社の始まりだといわれております。


二の鳥居。私の嫌いな階段がチラリ


さだ神社の説明板


階段の途中に中門があります


中はこんな感じ


絵馬と釣り鐘?があります


手動ポンプ。
明治、大正時代まで使われていたそうです。

なぜ火消しアイテムがおかれているのかは謎。


階段を上りきると本殿が見えてきます


沢山の灯篭。昔から地元の人たちに愛されていることをうかがい知ることができます。


拝殿前。
もちろん祭神は菅原道真。


右側を見ると小さな小屋があり、札には【神牛】という文字が。


隙間から覗いてみると、石製の牛さんが。
『ん、なに?』
と言っているように見えます(笑)

牛といえば菅原道真ですよね!




境内には
【摂社】
●皇太神宮
●金比羅神社(事代主神)
●春彦神社(市寸島毘売尊)
●稲荷神社
があります


で、↑これが稲荷神社。
嫁さんいわく
『なんかこの場所、空気がヒヤッとして何か感じる』
と言っていました。

確かに空気が冷たく感じましたが
恐らく気のせいでしょう(キッパリ)


近隣情報
枚方の【楽寿荘】で咲く桜が美しすぎる!!本当は誰にも教えたくない穴場スポット!





〓関連記事




Comments 0

There are no comments yet.

コメントをどうぞ

スポンサーリンク