FC2ブログ



枚方 京都
大阪滋賀

枚方のパン屋まとめ


大阪にある【難波橋(なにわばし)】の歴史について調べてみた!凛々しいライオンがいる橋

ちぃパパ&ちぃママ

大阪は、堂島川と土佐堀川に架かる橋

難波の橋とかいて「なにわばし」には
ライオンの石像がある

立派なたてがみに、太い手足
堂々としていて、そして凛々しい‥‥素敵
あーあなたにならガブッと噛まれてもいい



嘘です


ライオンの石像は日本でめずらしい気がしますね
橋の左右両側にあり、神社のように阿吽の造りになっています



橋柱も立派です

橋の下はトンネル通路にもなっていて、その先にはバラ園が広がっています



バラ園から見た難波橋
川の水はきれいではありませんね


江戸時代、大阪には八百八橋といわれるほど、多くの橋が架けられていました

天神橋、天満橋とともに浪花三大橋と呼ばれた難波橋は
その八百八橋を代表する長大橋で
そこからの眺望はとてもよかったといわれています

今は山など全くみえませんね
見えるのは高速道路とビルばかりです



写真で残る昔の難波橋

さかのぼれば
この辺りの橋は704年頃、行基によって架けられたのが始まりといわれています


1975年に大阪市によって大改修が施され、今の難波橋があります

時代によって姿を変えてきた難波橋

この先100年、500年、未来の難波橋はどんな姿になっているのでしょうか?
そんなことを考えるとワクワクしてきます


■関連記事■
【大阪】中之島図書館にいってみた!明治時代に建てられたレトロな図書館

大阪にある中央公会堂の外観を見に行ってきた!大正時代に建てられたレンガ造りの公会堂





〓関連記事




Posted byちぃパパ&ちぃママ

Comments 1

There are no comments yet.
ダラ  
1. 初コメです!!

ブログ検索してて覗いちゃいました(>_<)これからも更新されたら読みにきますね♪ブログ楽しみにしてます!また訪問させていただきますね(#^.^#)

2012/10/08 (Mon) 10:24 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ