京都競馬場近くにある【魚楽】!山盛りのまぐろ丼がリーズナブルに食べられるお店 - 京阪てくてく町めぐり

京阪てくてく町めぐり ホーム » 京都のおでかけ » 京都競馬場近くにある【魚楽】!山盛りのまぐろ丼がリーズナブルに食べられるお店

京都競馬場近くにある【魚楽】!山盛りのまぐろ丼がリーズナブルに食べられるお店


伏見区は京阪淀駅へとやって来ました

淀といえば京都競馬場があり
歴史では淀君ゆかりの地として有名な町
(※今ある淀城と淀君とは関係がないようです)

そんな淀君のお膝元で
美味しい海鮮系のどんぶりが
低価格で頂けるお店があるということでやって来ました


魚楽の場所は京都競馬場とは反対側、スーパーツジトミの前にあります

メニュー豊富!魚楽の海鮮系どんぶり
魚楽とかいて【ととらく】と読むお寿司やさん

店内はカウンターが7席しかない小さなお店です
基本的にお持ち帰りがメインのお店ではないかと思います(多分)

お昼前に魚楽にやって来たのですが、既に満席でした
運が良かったのが、順番が一番目だったので
すぐに席に着くことが出来ましたが
食べ終わった頃にはすでに列が出来ていました



壁には沢山のメニューが貼られています


メニューが多すぎて
どれにするか迷ってしまうほど


壁のメニュー表の他に
据え置き用のメニュー表も束で置かれていました(笑)

選ぶだけでも時間が掛かりそうです(^_^;)


迷ったあげく注文したのがこれ
あぶりサーモンとイクラ丼(大盛)500+30(大盛)


山盛りのシャリの上には脂がのったサーモンが
別皿にはオレンジ色に輝くイクラが付いて来ました

山盛りごはん、どこから箸を入れたらよいのか……。
取り合えず、恐る恐るサーモンを一枚……

うんっま!

あまりの美味しさに思わず声に出してしまった!
サーモン独特の旨味が口に広がり、瞬時にスッーと溶けていく
そして、同時に訪れる至福の余韻

低価格だからって決して妥協のないどんぶり!

ただ、大盛を頼んだとはいえ
ネタに対して、シャリの量が多すぎる感が多少否めない気もする?


だったらこうするまで!
いくらをオンザライス!!

一粒一粒張りのあるいくらは一口噛めばぷちっと弾け、同時に旨味エキスが溢れだす
うんやっぱり寿司ネタと酢飯との相性は抜群だっ!


こちらは息子が注文した
まぐろ2色丼500


このボリュームでお値段500円って!!

瞬時に笑顔になってしまう丼ぶりです

息子はこのまぐろの山を目の前に
宝物を見るかのように目をキラキラさせています
大興奮です

そしてどこから箸を付けたらよいのか混乱しながらも満面の笑みでマグロを頬張る息子(笑)


もちろんこちらも安いからといって妥協はしておらず
ネギトロの脂身とまぐろの旨味が十分に堪能できる美味しさです!

本当にこの値段で頂くのが申し訳ない気持ちになります(笑)



これは嫁さんが注文した
さんま丼550


生のさんま丼ってちょっと珍しいし
さんまといえば秋の味覚だなって思って頼んでみたという嫁さん

赤身の魚とも白身の魚の味とも違う
青魚の味わいを楽しめたそうです
ただもう少しすだちが大きかったら良かったなーと言ってました
すだちをもっとかけたかったそうです


魚楽の替え玉ならぬ【かえネタ】

上記にも書きましたが
ネタに対してご飯が多いです
人によっては沢山ご飯が余る方も居られるかと思います

そんなときは【かえネタ】をしてみてはいかがでしょうか?
かえネタとは-200円でネタを乗っけてくれるというありがたい注文方法です

どういうことかと言うと
例えば私が注文したあぶりサーモンとイクラ丼に、息子が注文したまぐろ2色丼のネタだけを追加するというもの

これで料金が
あぶりサーモンとイクラ丼500
+まぐろ2色丼(ネタ)300(500-200)=800円
(※メニューにあるネタなら何でもOKだと思います)

これでも800円だなんてなんともお得です!

すぐ売り切れると言われる人気【まぐろ2色丼】
京都競馬場が近くにあることから
特に土日は早めに行くのが吉かも知れません



【魚楽の詳細】
■住所:京都府京都市伏見区淀本町173-82
■営業時間:11:00~21:00
■定休日: 水曜
(祝日の場合は営業、翌木曜休み)
■駐車場:なし



スポンサーリンク




コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keihansanpo.jp/tb.php/551-20f6fb1c

〓スポンサー&関連記事