FC2ブログ



おすすめ記事
京都の石清水八幡宮で厄除け!男性の厄年で有名な神社
【交野山】へ行ってみた!源氏の滝からのルートで登山
いざ竹田城跡!アクセス・駐車場など
滋賀県のパワースポット【太郎坊宮】で、巨石の夫婦岩をくぐり天狗に力をもらいに行ってきた!

スポンサーリンク

京都の石清水八幡宮で厄除け!男性の厄年で有名な神社

ちぃパパ&ちぃママ

石清水八幡宮で厄除けのお祓い(厄払い)をしてきました
その時の様子を書いてみようと思います




【ちぃパパ】は、ついに今年から前厄の年となってしまいました‥
ということで、男の厄除けとして有名な
京都八幡市にある石清水八幡宮で厄除けをしてきました

この記事を読む方の中で
私と同じように厄入りという人もおられるのではないでしょうか?

既にご存知だと思いますが
厄年に入る年齢は下記のようになっており
男性と女性では厄入りの年齢が異なります

スポンサーリンク


男と女の厄年は異なります




【男の厄年】
■24(前厄)25(本厄)26(後厄)
■41(前厄)42(大厄)43(後厄)
■60(前厄)61(本厄)62(後厄)



【女の厄年】
■18(前厄)19(本厄)20(後厄)
■32(前厄)33(大厄)34(後厄)
■36(前厄)37(本厄)38(後厄)
■60(前厄)61(本厄)62(後厄)

年齢は自分の歳に1才たした数え年です
(※胎児の時から1才と数えるからです)

私は今年で40才になるのですが
数え年で計算すると41才となり前厄となります



厄年(やくどし)は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。
平安時代にはすでに存在し、科学的な根拠が不確かで起源も曖昧だが、根強く信じられている風習である
【引用先】Wikipedia

厄年というものは不確かな存在ですが
平安時代から今にまで続く風習
きっと『目に見えない何かあるに違いない!』
と思うんです


私の身内や友人で厄除けのお祓いをしなかったがために
大きな事故を起こしたという人がいます

さらに【厄】は身内にも厄が及ぶということもあり
今回しっかりお祓いをさせていただきました


なぜ厄除け祈願をする神社に石清水八幡宮を選んだのか?



あまり深い意味は無いですが
男性は八幡さん

女性は立木さん(滋賀)

と言うのをどこかで聞いたことがあり
『あぁ、厄年だから八幡さんに行かなくちゃ』
そんな感じで石清水八幡宮を選びました

上記の2ヶ所についてはわりと良く聞きますので、ある意味定番かつ有名な厄除け神社なのかもしれません

沢山の人に支持されていることから
霊験あらたかな神社であることは言うまでもありませんよね(*^^*)


八幡さん本殿までのルート



京阪八幡市駅を下車し
ケーブルで行くと待ち時間も合わせて5分~10分くらい
歩いても15~20分ほど登れる低山(143m)です

私達は聖地のパワーを肌身に感じたかったので歩いて行くことにしました
きちんと舗装された参道なので、割りと軽い運動でのぼれます


他のルートでも上っていますので、興味のあるかたはこちらもどうぞ↓
【厄払い】石清水八幡宮へ!今回は違うルートで行ってみたよ


石清水八幡宮といえば
都の裏鬼門を守護する神社だけあって
私たちには見えない力強いパワーが溢れている
いわゆるパワースポットといっても過言ではない場所



拝殿の脇には
厄や災いを祓い除くとされる大きな矢が立てられています

石清水八幡宮の矢といえばこのようないわれがあります

八幡大神様の用いられる御矢は
破邪顕正・一発必中
(邪悪な敵をうち払い、正しきを守り、狙った的に必ずあたる)
の霊験(れいげん)あらたかな御神矢(ごしんや)として様々な奇瑞を顕し
多くの古典にも登場します。

その故事にちなみ
当宮では八幡大神様の御神威がこもった厄除開運・必勝・家内安全・商売繁盛の「おふだ」として授与しています。

【引用先】石清水八幡宮HP


石清水八幡宮の弓矢=八幡大神の御神徳が宿るお札
と言うことですね(*^^*)


古くから厄除け信仰のある石清水八幡宮ですが
まず、厄除けのお祓いをする前に八幡御神矢を授与(購入)されてから行うのが、丁寧な作法だと書かれています


1月1日から2月3日までの期間において
神楽舞で巫女さんが御神矢のお清めをしてくれます


八幡御神矢は
特別厄除御神矢5000
八幡御神矢3000
の二種類あります

どちらも厄除開運・家内安全・必勝祈願の御利益が有るようで
中でも【特別厄除御神矢】に関しては
厄年の人のために特別に祈願されたもののようです

少し商売っけが有るようにも思えますが
共に厄除開運の御利益があることから
今回は3000円の八幡御神矢の方を選びました

来年の大厄に関しては5000円の特別厄除御神矢
を必ず選ぶつもりです(笑)


拝殿の斜め向かいにある【祈祷受付所(仮設?)】
ここで厄除祈祷の受付をします
初穂料(祈祷料金)10000
です

その他の祈祷内容はこちら
初穂料5000円
祝歳参り
(古希 70歳 喜寿 77歳 傘寿 80歳 米寿 88歳 卒寿 90歳 白寿 99歳 上寿 100歳 茶寿 108歳)

初穂料7000円
・必勝祈願 
・交通安全 
・受験合格 
・心身健康 
・病気平癒 
・旅行安全
・延命長寿 
・心願成就 
・誕生参り 
・厄明けお礼参り 
・お礼参り 
・成人参り 
・七五三詣

初穂料10000円
・ 厄除開運
(前厄 本厄 後厄 廻り年 八方除け 方除け 災難除け)

・十三参り 
・家内安全 
・安産祈願 
・社運隆昌 
・商売繁盛 
・社内安全 
・初宮参り 
・清祓祈願(入居/転居/改築/増築)

などがあります


受付②を済ませ祈祷昇殿口③(右にまわります)へ向かいます


会社の方々が沢山こられています
社内安全の祈願ですかね
(※この写真は祈願後に撮影したものです)

ここから中へ入り拝殿・本殿の方に向かいます

ところで
厄除けのお祓いを受けるのは本人であることは言うまでもありませんが
厄年の災いは身内にも及びますので
出来ることなら家族も一緒に同伴することが望ましいかと思います

もちろん料金は厄除け本人分だけでOKです
(※ほとんどが家族で来られてましたよ!)

中へ進み本殿前へ
しばらくすると奥から神主さんが登場します

お祓いする前
先程受付で頂いた黄色いタスキのような物があり
それを首に掛けスタンバイします
(※写真がありませんすいません(^_^;))


周りを見渡すとタスキを掛けた人のほとんどが男性でした
やっぱり
男性の厄除け=石清水八幡宮ということなんでしょうかね

祈願が終わったあと黄色いタスキを持って
外へ出て
本殿の裏にある若宮社(女性は若宮殿社)へ向かいます

若宮社の前に簡易のテントが張っており
そこで、黄色いタスキに名前と厄除祈願(祈祷内容)と記入


記入後、写真のようにタスキを掛け
神様に挨拶して終了です
(※写真の親子は私たちではありません…
一応(笑))


お祓い後、本殿から出る際にもらった白い紙袋


中には
・厄除け餅
・御神水
・厄除けの御札
・御神饌(塩、砂糖、海苔、竹の子の土佐煮、湯葉麩)
が入っていました


御神矢は
神棚の横、または北側か西側の目線より高いところに祀るようです(1年間)



御神札と神棚の祀り方のしおりがついていました
参考になりますね


神棚が付いていませんので、お家に無い方は早めに買っておきましょう!


厄年は
長い人生の節目にやって来る災難
精神的・体力的が落ちこむ過渡期において
十分に気を付けなければならない時期とされています

お祓いを受けず何事も起きなかったという人もいれば
私の知り合いのように大事故を起こす人もいます

そう思うと
災厄・災難を受けつける人、そうじゃない人とかがいるのでは?

と思います


災難をはねのける自信がない私としては
来年の大厄もしっかりと八幡さんでお祓いしてもらうつもりです


石清水八幡宮の詳細
【住所】京都府八幡市八幡高坊30

【祈祷時間】9時~16時まで
正月期間は変動あり詳しくはこちら

【駐車場】基本無料
正月期間(1月1日~2月3日 普通車500円)

【食事処】境内内にあり

【トイレ】有り

【アクセス】
■京都方面からのアクセス■
京都駅から近鉄電車「丹波橋駅」あるいはJR「東福寺駅」のりかえ
京阪電車「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」 下車徒歩5分

■大阪方面からのアクセス■
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」あるいはJR環状線「京橋駅」からそれぞれ連絡のりかえにて
京阪電車「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」 下車徒歩5分

車などの詳しいアクセスはこちら



【余談】
このブログを書き終えたあと
お風呂入ろうとしたところ
不注意にも浴槽で滑ってしまい顔面が壁に直撃!
同時に首筋辺りから『ボキッ!』と変な音がなりました

数日後、むち打ちとかの症状が出なかったので
一先ずホッとしています
さすが八幡さんの厄除けパワーと言ったところでしょうかね?

【追記】大厄になったので再び石清水八幡宮で厄払いをしました!


上記の記事は前厄の時に書きましたが、今回(追記)は本厄の時に書いています

また、上記に足りなかった部分を補足しています


祈祷をする前に、まず受付所で【御祈祷申込書】をもらい記入します
(机の上に置かれています)

住所や名前などを記入します

これをもとに宮司さんが読み上げるのですが、もし汚い字で提出するとお払いの際名前や住所を間違えたり、祈祷停止などして宮司さんに大変迷惑が掛かります(実際にありました)
ですので記入する際は丁寧に書きましょう


前回、撮り忘れたタスキ(?)
上記の御祈祷申込書を提出すると、黄色い前掛けのようなものがもらえます

これを首に掛け拝殿・本殿へ向かいます


今回は大厄なので【特別厄除御神矢(5000円) 】を購入しました

前回頂いた八幡御神矢はシンプルでしたが、特別厄除御神矢は組紐が付けられています

ちょっと高級感があり何だか効果がありそうですね~

御神饌(ごしんせん)の内容は前回と同じです

あとは、石清水八幡宮と書かれた御守りが今回付いていました

【追記】終わりに


上記にも書いてますが私の身内や友人で、厄除け参りに行かなかったがために不幸や事故に見舞われた人がいました

もちろん厄除け参りに行かなかったから、『大変なことが起きてしまった』とは言いきれませんが、だからといって何もしないでおくというのはとても不安でしかありません


【不安な毎日を送るなら、行かないよりも行った方がいい!】

もし、大変なことが起きて
『あのとき行っとけばよかった……』って後悔しても仕方がないですからね(^_^;)


今書いている追記記事は大厄時に書いているのですが、あと2週間ほどで終ります

人生最大の厄ということでしたが、どうやら
何事もなく過ごせそうです

そんなわけで石清水八幡宮の厄除け参りは効果あり!(最強です!)
やっててよかったと私は思います

あとは、後厄の1年間を乗りこえるだけです(*^^*)


【PR】



■関連記事■
京都の社寺ご利益まとめ!開運厄除け・縁切りなど

石清水八幡宮の周辺めぐり

安居橋と神の使い

男山ケーブルと男山橋梁

走井餅老舗のういろう







〓関連記事




Comments 0

There are no comments yet.

コメントをどうぞ

〓関西でおすすめしたい日帰りスポット!
【びわ湖こどもの国】へ行ってきた! 滋賀県高島市にある県立公園

大阪城公園をぶらり~大阪子供天守閣なる遊具で遊んでみた~

京都市青少年科学センターに「プラネタリウム」を見に行ってみた

奈良にある【生駒山上遊園地】に行ってみた!

和歌山マリーナシティと黒潮市場に行ってきた!入園料・駐車場の料金はいくら?人気トワイライトパスを使ってみたよ!

スポンサーリンク


〓【作者が選ぶ】関西でおすすめしたいドライブスポット
【兵庫県】いざ竹田城跡!アクセス・駐車場など『夏に行った天空の城 編』

【京都】舞鶴の赤レンガパークを散策1

【滋賀県】のパワースポット竹生島!宝厳寺をめぐる

【京都】宇治川べりを散策!1度は見ておきたい宇治らしいコース

【大阪】赤れんがの大阪市中央公会堂

スポンサーリンク