京都の寺町通りを歩いてみた!本因坊発祥の地など - 京阪てくてく町めぐり

京阪てくてく町めぐり ホーム » 京都のおでかけ » 京都の寺町通りを歩いてみた!本因坊発祥の地など

京都の寺町通りを歩いてみた!本因坊発祥の地など

若者からお年寄に人気の京都は「寺町通り」



今回はふと『寺町を歩いてみたい!』
と思い
気付けば京阪電車に乗り、ガタンゴトンと揺られながら京都へやってきました(*^^*)


寺町通りのイメージは
「お寺さんが多いところ」

地図を見ていただければわかると思いますが、特に御池通りから四条通り間の密集具合が凄いこと(笑)

昔、豊臣秀吉が京都の町を改造すべく
政策の一環としてこの寺町通りに沢山お寺を持ってきたことから寺町通りという名になったそうですが
…にしても多い

寺町通りにはお寺さんのほかにも
美術商、洋服・雑貨屋さん、錦市場などがあり
とにかく色んな人が集まる場所です


久しぶりやって来た寺町通り
今回は、過去あまり通らなかった丸太町から四条通り辺りまでを
ザクッと巡ってみたいと思います(*^^*)



寺町丸太町を少し下がったところの景色
反対へ行くと京都御苑
があります


丸太町通りから歩いて数歩、突如赤い鳥居を発見!


下御霊神社と書かれています!

無実の罪で亡くなられた歴史上の人物
・崇道天皇(早良親王)
・伊予親王
・藤原吉子
・藤原広嗣
・橘逸勢
・文屋宮田麻呂

と神様である
吉備聖霊・火雷天神の合計8座が祀られています


怨霊の怒りを鎮めるため建てられた神社
一見、おどろしくもありますが1歩中に入ると
『あら、お客さん?』
と、のんびり神様達が出迎えてくれているようなそんな場所

ぽつりぽつりと地元の人がやって来るものの、立ち代わり入れ替わりと
とても静かな境内です

下御霊神社をあとにし、これまた数十秒歩いた場所にお寺を発見!


革堂(こうどう)と書かれています
こちらは西国三十三所観音霊場の19番目の札所

境内に入ると街中にあるとは思えないほど静かな場所で、とても落ち着きます


ここは老舗昆布・佃煮店の
「京昆布匠かじの」


創業明治3年の
「京野菜 八百廣」


そしてパン屋の「進々堂」
町並みと調和がとれた外観がとてもお洒落!

店内はカフェレストランになっているそうで、機会があればモーニングやランチを食べてみたいですね(*^^*)


さらに少し歩いたところに囲碁盤のモニュメントがありました




【本因坊旧跡建立記念】と書かれています


駒札には
【囲碁『本因坊』発祥の地】と書かれています

んん?
わたしの記憶では本因坊の発祥は広島県尾道市にある 因島だったはず
なぜここが発祥の地なのでしょうか?


駒札によると
もともとこの辺りに【寂光院】というお寺があり
その中に【本因坊】という頭塔があったそうで
そこで僧侶をしていた日海というお坊さんが囲碁の名人だったという

織田信長・豊臣秀吉時代からとても有名だったそうで
徳川家康の時代に入ると、お寺を弟子に譲り
以降、日海は 本因坊算砂と名前を変え、江戸幕府の役職の一つ 碁所 を任されたと書かれています

つまり、本因坊算砂が一世の本因坊であり、ここが発祥の地ということになるんですね

なぜ本因坊が因島発祥だと思ったのか?というと
それは史上最強の碁の名人だと言わている、本因坊14世秀策が一世だと思っていたからです
そして秀策は因島出身です
(記念館やお墓がある)

漫画『ヒカルの碁』の影響が原因というのも否定は出来ません(笑)




さらに進むと、京都の老舗で
ガイドブックによく掲載されるお茶屋の【一保堂】がありました


給茶スポットの案内

一保堂のお茶、飲んでみたいですが入りにくい風格に負けてしまいました(笑)


黒ずんだ壁の色に歴史を感じます(*^^*)
(※白いのは雪です)




ここはガーデンショップでしょうか?
古風でお洒落な店がたくさんあります


そんな色んな店が建ち並ぶ中、時おり垣間見る京都の路地も赴き深い



さらにこちらは奈良に本店を構える書道専門店 【古梅園
創業が1577年と相当古く、京都で始めたのが1714年!

1714年といえば、二年後の1716年に徳川吉宗が征夷大将軍となったそんな時代

古梅園で売られる数ある商品の中でも
【墨】が有名で、長年培った秘伝の製法で作らた墨が人気だそうです



その古梅園の店の片隅に何やら石碑が立っていまいた

此付近 藤原定家 京極邸址

とてつもなく広大な敷地を有していた定家の邸宅
別名、京極殿または京極中納言と呼ばれていたようでが
一体どれだけ広かったんですかね~(笑)


さらに進み二条通に差し掛かろうとした辺りに、少し周りの建物と雰囲気の異なるお店がありました

ここは1868年明治の時代から営む洋菓子店
村上開新堂】です
クッキーの上にジャムやチョコレートが乗ったロシアンケーキが有名


村上開新堂のクッキー詰め合わせは、2、3ヶ月要する予約が必要だとか
今度ぜひ予約して食べてみたいものです(*^^*)


2013年にオープンした
「二條若狭屋」の寺町店



ここは寺町通りと二条通りが交差したところ
十字の交差点が多い京都の街並みに、このようなカーブは珍しくとても好きです
実はこのカーブ、かつて路面電車が走っていた名残なんだそうです

そしてここに
梶井基次郎の「檸檬」で有名な果物屋さんの 「八百卯(やおう)」がありましたが、閉店してしまいました
一度行ってみたかったので残念です



振り返った風景


可愛い建物


今回はここまで


次は御池通りを超え、寺町商店街の方へ歩いていこうかと思います

~つづく

近隣情報
京都の送り鐘【矢田寺】へいってみた!寺町京極商店街にあるお寺さん



スポンサーリンク




コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keihansanpo.jp/tb.php/388-0d5814e3

〓関連記事



〓まとめ記事一覧
枚方市にあるパン屋さんまとめ

滋賀県の観光まとめ!おすすめしたいスポット

〓日帰りお出かけ関西
【びわ湖こどもの国】へ行ってきた! 滋賀県高島市にある県立公園

大阪城公園をぶらり~大阪子供天守閣なる遊具で遊んでみた~

京都市青少年科学センターに「プラネタリウム」を見に行ってみた

奈良にある【生駒山上遊園地】に行ってみた!

和歌山マリーナシティと黒潮市場に行ってきた!入園料・駐車場の料金はいくら?人気トワイライトパスを使ってみたよ!

スポンサーリンク


〓【関西】ドライブおすすめスポット
【兵庫県】いざ竹田城跡!アクセス・駐車場など『夏に行った天空の城 編』

【京都】舞鶴の赤レンガパークを散策1

【滋賀県】のパワースポット竹生島!宝厳寺をめぐる

【京都】宇治川べりを散策!1度は見ておきたい宇治らしいコース

【大阪】赤れんがの大阪市中央公会堂

〓pickup!カテゴリ
大阪散歩

京都散歩

滋賀散歩

兵庫散歩

和歌山散歩

枚方散歩

舞鶴市・宮津散歩

子供が楽しく遊べるスポット

スポンサーリンク