天の川散歩 - 京阪てくてく町めぐり

京阪てくてく町めぐり ホーム » 大阪のおでかけ » 天の川散歩

天の川散歩

昨日は交野市に用事があったので行ってきた
用事はすぐ終わったので
天気もいいしどうしようかなーと考えて
近くの天野川のあたりをぶらり


川沿いは気持ちいい散歩道になってます


ここ交野市は七夕伝承発祥の地といわれています
この川がその天の川
私が思い描くキラキラした天の川とは随分違うけどね‥‥

でも近くには逢合橋という橋があるし
少し先には七夕橋なんてのもある
ちょっとロマンある場所



梅が咲いていた



第2京阪の開通を記念してたてられた石碑にあった和歌

「天の川 遠き渡りに なりにけり
交野の御野の 五月雨の頃」
藤原為家

天の川は水かさがまして 渡り場が遠くなりました
いま、交野が原は五月雨の頃です



第2京阪
天の川の上を通過しています


桜が植えられていたので春には華やかな川沿いになるんでしょうね(´▽`)
それにしてもいい天気



天の川でみられる野鳥が載っていた



見えにくいけどこの鳥は?
上の写真みるとコサギかダイサギかな?

数種類の野鳥を、この日みることができた
おもにカモだけど


またこういう川にある段差?
ここマイナスイオンがでていて
近くによると気持ちいいー
私の中にある邪気が払われていくよう

浄化終了!
清くなった体で散歩再開



色んな人がこの川沿いを散歩していた


またありました
こちらは万葉集の石碑

「天の川 梶の音聞こゆ 彦星と
織女と 今夜逢ふらしも」
柿本人麻呂

天の川で梶の音がしている 彦星と
織姫星とが 今夜逢っているらしい




この散歩道には電車も通っていた
学研都市線だ




どこまでも続く線路

この線路を越えると天野川橋に
さらに進むと私市の植物園のほうにでるらしいけど
このあたりから、ほのぼの感がない川沿いになっていたので
天野川橋のあたりで引き返した

川沿いに公園もあって、そこで息子と遊んでから帰宅


いにしえから歌人達に詠まれた天野川
七夕伝説がのこる天野川
おそらく昔はもっときれいで大きな川だったのかもしれない


川が、川のまわりが
もう少しきれかったらよかったのにと思う天野川散歩でした


.

スポンサーリンク




コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keihansanpo.jp/tb.php/245-45ea5b7d

〓スポンサー&関連記事