近代産業を支えた虹のアーチ【七条大橋】 - 京阪てくてく町めぐり

京阪てくてく町めぐり ホーム » 京都のおでかけ » 近代産業を支えた虹のアーチ【七条大橋】

近代産業を支えた虹のアーチ【七条大橋】

京阪七条駅を上がると悠々と流れる鴨川が見え
そこから東に行くと
三十三間堂や京都国立博物館
など多数の人気観光スポットがあります

西には京都の玄関口である京都駅
さらに西へ行くと嵐山方面となります




ここから京都タワーも見えます


京阪七条駅を出て、一番はじめに目に入るのがこちら七条大橋ではないでしょうか?




意識しなければ普通の橋なんですが
実は【土木学会選奨土木遺産】に選ばれている貴重な橋なんですね





あ、国の重要文化財とかの遺産ではなく
土木学会が素晴らしいとして選んだ橋
です

そういえば【梅小路機関車庫】も土木学会選奨土木遺産ですね
⇒旧二条駅舎と扇状車庫



明治時代の頃、京都三大事業の一環として
東山七条から西大路七条の一直線に伸びる道に、市電(京都市電七条線)を走らせるとして作られました

重たい電車の荷重に耐えられる橋を作るとし
明治41年(1908年)から大正2年(1913)
およそ4年の歳月をへて完成しました

鉄筋コンクリートで出来たアーチ状の七条大橋は
当時、橋の長さが112mほどありましたが
後に作られた琵琶湖疎水により長さ81.9mに縮小されたといいます

この時代
同じ形状の橋としては最大級規模の橋でした
重厚かつ欧風様式の橋を、初めて見た当時の人達は、さぞ度肝を抜かれたのではないでしょうか?

完成から今年で100周年を迎える七条大橋ですが
鴨川に架かる現存の橋としては一番古いものだそうです


橋の高欄に描かれたこの意匠






1月に行われる三十三間堂の【通し矢】の“矢”をイメージして作られたそうですが
丸いのは“的”のイメージなんでしょうかね?


近代産業という重きを
100年支えてきた、虹のような七条大橋

今から一歩一歩噛みしめるように渡って行きたいと思います


■関連記事■
京阪七条(川端七条)からヨドバシカメラ(七条烏丸)を歩く

あの世とこの世を結ぶ六道の辻と、六道珍皇寺



スポンサーリンク




コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keihansanpo.jp/tb.php/227-549fd041

〓関連記事



〓まとめ記事一覧
枚方市にあるパン屋さんまとめ

滋賀県の観光まとめ!おすすめしたいスポット

〓日帰りお出かけ関西
【びわ湖こどもの国】へ行ってきた! 滋賀県高島市にある県立公園

大阪城公園をぶらり~大阪子供天守閣なる遊具で遊んでみた~

京都市青少年科学センターに「プラネタリウム」を見に行ってみた

奈良にある【生駒山上遊園地】に行ってみた!

和歌山マリーナシティと黒潮市場に行ってきた!入園料・駐車場の料金はいくら?人気トワイライトパスを使ってみたよ!

スポンサーリンク


〓【関西】ドライブおすすめスポット
【兵庫県】いざ竹田城跡!アクセス・駐車場など『夏に行った天空の城 編』

【京都】舞鶴の赤レンガパークを散策1

【滋賀県】のパワースポット竹生島!宝厳寺をめぐる

【京都】宇治川べりを散策!1度は見ておきたい宇治らしいコース

【大阪】赤れんがの大阪市中央公会堂

〓pickup!カテゴリ
大阪散歩

京都散歩

滋賀散歩

兵庫散歩

和歌山散歩

枚方散歩

舞鶴市・宮津散歩

子供が楽しく遊べるスポット

スポンサーリンク